2015年6月21日日曜日

2015.06.21 宇都宮市立南図書館名作映画会 「シャレード」

宇都宮市立南図書館 サザンクロスホール

● 1963年のアメリカ映画。主演はオードリー・ヘプバーンとケーリー・グラント。
 スリルとサスペンスとお笑い。ゴール近くでのどんでん返し。一級の娯楽映画だと思った。
 ピーター(ケーリー・グラント)はレジーナ(オードリー・ヘプバーン)の敵なのか味方なのか。最後までドキドキさせられた。

● ウォルター・マッソーのとぼけた味わいと終盤での迫真さが印象的。
 最後になってわかる真相はちょっとルール違反に近いのじゃないかとも思えるんだけど,そういうことだったのかという爽快さも残す。

● そんなことより,オードリー・ヘプバーンの美しさと,コケティッシュな役柄を賞味するだけでも,見た価値があったと思いますよ。
 ヘプバーンといえば「ローマの休日」があまりに有名で,これはぼくも数回見ている。ほかにも作品はたくさんある。片っ端から見てみたいと思った。
 できればDVDじゃなくて,今回のように大きなスクリーンで大勢の人と見たいんだけどね。

● 商業的に成り立つ余地はないから,今回のように公的機関がじゃんじゃん上映してくれると助かるねぇ。
 というわけで,宇都宮市立図書館の催しには感謝感激雨あられ。

● にしても。俳優さんって亡くなったあとも,こうしてスクリーンの中で生きていられる。羨ましいとは思わないけれども,妙に不思議に感じることがある。

0 件のコメント:

コメントを投稿