2017年11月21日火曜日

2017.11.17 宇都宮市立視聴覚ライブラリー 20世紀名画座 「見知らぬ乗客」

宇都宮市立東図書館 2階集会室

● 1951年制作のアメリカ映画。原作があるらしい。パトリシア・ハイスミスの同名小説。それをヒッチコックが映画化した。

● のっけからクライマックス。同じ列車に乗り合わせた大金持ちの御曹司ブルーノ(ロバート・ウォーカー)が,テニス選手のガイ(ファーリー・グレンジャー)に“交換殺人”を持ちかける。
 自分の父親を殺してくれれば,君が離婚したがっているミリアム(ケイシー・ロジャース)をぼくが殺してあげるよ,そうすれば君は付き合っているアン(ルース・ローマン)と結婚できるじゃないか,と。お互いに殺す動機がないことになるだろ,だから捕まる心配もないよ,と。
 ブルーノの話の進め方が強引であり,スリリングでもあり。

● ガイはもちろん相手にしない。さっさと話を終わらせようとして,それはいい考えだね,と言ってしまう。
 ブルーノは言質を取ったと思ったわけではないんだろうけど(つまり,ガイが「それはいい考えだね」と言わなくても,同じ行動を取ったと思うんだが),ブルーノはガイに話すこともなく,ミリアムを殺してしまう。

● ここから最後まで佳境が続くといってもいい。息つく暇もない。
 ガイが裏切ると読んで,父親のベッドでガイを待ちかまえていたブルーノ。ブルーノがガイのライターを下水に落とすところ。メリーゴーランドが高速回転を始めてブルーノとガイがライターをめぐって格闘するシーン。息を引き取る間際のブルーノの演技。

● 最後はハッピーエンドといっていいんだろう。ガイは疑いを晴らすことができたんだから。ヒッチコックにしては珍しいんじゃなかろうか,結末をハッキリさせているのは。
 しかし,見終えた時点でグッタリと疲れていた。

● 結末はハッキリしているんだから,このあとどうなるのだろうと想像する楽しみはない。けれども,ブルーノは結局何がしたかったのだろうという疑問が残される。
 もし,ガイが交換殺人に応じていたら,ブルーノはガイを追い詰めるような行動に出ることはなかったんだろうか。それとも,最初からガイをなぶることが目的だったんだろうか。だとしたら,理由はなに?
 というわけで,ブルーノの造形が印象的な映画。

0 件のコメント:

コメントを投稿