2018年1月23日火曜日

2018.01.20 宇都宮市立視聴覚ライブラリー 20世紀名画座 「真昼の決闘」

宇都宮市立東図書館 2階集会室

● 1952年製作のアメリカ映画。監督はフレッド・ジンネマン。
 さすがにこの映画は過去に見たことがある。学生時代に名画座で見たのか,テレビの洋画劇場で見たのかは定かでないけど,見たことがあるのは憶えている。
 が,それも記憶違いかもしれないな。見ていないのに,有名な映画だからこれは見ているはずだというのが,見たことがあるに変容してしまっているのかもしれない。

● ということで,有名すぎる西部劇映画。ゲイリー・クーパー扮するケイン保安官が,一人で腕っこきのならず者四人を相手にしなければならなくなる。
 治安判事は逃げだすし,ケインの前任者も補佐の保安官も手伝ってはくれない。命が惜しい。悪い人たちではないし,弱虫というわけでもない(そういうふうには描かれていない)。それほどこの街に戻ってくるフランク・ミラー(イアン・マクドナルド)が強いというわけだ。

● そうしてミラーが戻ってくる正午までを盛りあげる。どうなってしまうんだろう,と。ケイン保安官は四人を相手にして勝てるほどの腕ではないようなのだ。
 「この映画の上映時間は85分だが,劇中内における時間経過もほぼ同じ約85分ほどの「リアルタイム劇」となっている」とはWikipediaに教えてもらったこと。なるほどこの効果もあったのかと,あとで思いあたった。

● で,ミラーが戻ってきたあとは,意外にあっけない。要するに,この映画はケインと新妻エミィ(グレイス・ケリー),ケインとヘンダーソン町長(トーマス・ミッチェル),そしてハーヴェイ・ベル保安官補(ロイド・ブリッジス)のケインやヘレン(ケティ・フラド)との絡みが見所ということなのだろう。
 もうひとつの見所は,グレイス・ケリーのこの世のものとは思えない美しさでしょうね。
 が,存在感という意味なら,グレイス・ケリーよりケティ・フラドの方が印象に残る。

● このとき,ゲイリー・クーパーは50歳を越えている。この時代だ,すでに人生の晩年にさしかかっているといっていいだろう。
 なのに,若いエミィを妻にするとは荒唐無稽ではないか。と,言ってはいけない。ヒーローは既存の枠の外にいるのだ。何をやっても許されるのだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿