2017年12月23日土曜日

2017.12.23 宇都宮市立視聴覚ライブラリー 20世紀名画座 「白い恐怖」

宇都宮市立東図書館 2階集会室

● 1945年に公開されたヒッチコック作品(アメリカ映画)。この映画で最も大切な綾になるのは“夢判断”だ。専門家に言わせれば,たぶん,夢判断ってそんなものじゃないよ,ってことになるんだが,一般人にもわかるように,かつ映画として成立するようにしようとすれば,こうなるしかないでしょう。

● 主役はイングリッド・バーグマン扮する精神科女医のコンスタンス・ピーターソン。そこに颯爽と登場するのが,グレゴリー・ペックのジョン・バランタイン。
 しかし,彼は記憶を失っていた。コンスタンスは彼の記憶を取り戻そうとする。これが物語の縦糸。なぜそんなことをしようとしたのかといえば,ジョンに恋してしまったから。それが横糸。

● 後半にコンスタンスの恩師であるブルロフ先生が登場する。マイケル・チェーホフが演じる。この映画で最も印象に残った俳優が彼だ。
 日本人俳優でいうと誰にあたるだろうか。笠智衆ではないし,ちょっと思いつかない。茫洋をまとった繊細。その繊細を野放しにしない叡智。そういう人を体現している。

● この映画で,グレゴリー・ペックは最も美しいときのイングリッド・バーグマンと共演した。数年後には最も美しいときのオードリー・ヘップバーンとローマの休日を楽しんだんだよな。
 この果報者が,と言うべきか。あるいは,大変だったねぇ,とねぎらうべきか。

0 件のコメント:

コメントを投稿